パラローイングとは
障がい者のボート競技。
国際ボート連盟(FISA)は、障がい者ボート競技を「アダプティブ」として表記。
2013(平成25)年「パラローイング」に名称変更。 選手は障がいの区分により種目が決まる。
大会は障がい、健常とも同時期同会場で開催。
操作技術は健常者と何らかわることもない。
パラローイングの歴史
【2002(平成14)年】 
●世界選手権セルビア大会で、アダプティブ種目(障がい者部門)とし初めて障がい者競技開催。

【2004(平成16)年】
●パラリンピック競技種目採用は、バニョレス(スペイン)での国際ボート連盟会議で「2008北京パラリンピック」初開催が決定。

【2005(平成17)年】
●「2005世界選手権岐阜」自国開催ではあったが、障がい者選手団の派遣には至らず。

【2006(平成18)年】
●「2008北京パラリンピック」出場めざし、わが国唯一の障がい者ボート協会として任意団体「日本アダプティブローイング協会(JAA)」活動開始。

【2007(平成19)年】
●特定非営利活動法人「日本アダプティブローイング協会」設立、育成強化活動開始。
●「世界選手権ミュンヘン兼北京パラリンピック第一次予選」4種目出場
 男子1人乗り、女子1人乗り、混合2人乗り、混合舵手付き4人乗り。

【2008(平成20)年】
●「ワールドカップミュンヘン兼北京パラリンピック最終予選」4種目出場
 男子1人乗り、女子1人乗り、混合2人乗り、混合舵手付き4人乗り。
●「北京パラリンピック」混合2人乗りが出場。

【2010(平成22)年】
●「アジアパラ競技大会広州」4種目出場
 男子1人乗り、女子1人乗り、混合2人乗り、混合舵手付き4人乗り。

【2011(平成23)年】
●「世界選手権スロベニア兼ロンドンパラリンピック第一次予選」2種目出場

 男子1人乗り、混合2人乗り。 【2012(平成24)年】
●「ワールドカップセルビア兼ロンドンパラリンピック最終予選」2種目出場
 男子1人乗り、女子1人乗り。
●「ロンドンパラリンピック」女子1人乗りが出場。

【2013(平成25)年】
●国際ボート連盟はパラリンピックのボート競技を「パラローイング」と種目名を変更。
 協会名も特定非営利活動法人日本パラローイング協会(JPRA)と変更。
●「世界選手権忠州」2種目出場
 男子1人乗り、混合2人乗り。

【2014(平成26)年】
●「アジアパラ競技大会仁川」2種目出場
 男子1人乗り、混合2人乗り。

【2015(平成27)年】
●「世界選手権フランス兼リオパラ第一次予選」3種目出場
 男子1人乗り、女子1人乗り、混合2人乗り。

【2016(平成28)年】
●「パラローイングイタリア兼リオパラ最終予選」4種目出場。
 男子1人乗り、女子1人乗り、混合2人乗り、混合舵手付き4人乗り。
●「リオデジャネイロパラリンピック」混合2人乗り出場。

【2017(平成29)年】
●アジア圏等での国際大会出場。

【2018(平成30)年】
●日本ボート協会と合併。
●「世界選手権ブルガリア」3種目出場。
 男子1人乗り、女子1人乗り、舵手なしペア出場。
競技種目

PR1 男子1人乗り


PR1 女子1人乗り


PR2 混合2人乗り


PR3 混合舵手付きフォア


PR3 ID混合舵手付きフォア
●4種目(パラリンピック競技種目)
PR1 男子1人乗り
PR1 女子1人乗り
PR2 混合2人乗り
PR3 混合舵手付きフォア
※パラリンピック以外の大会では、健常者と同様の種目での障がい者対象での競技もある。

●競技距離
「2000m」健常者と同様

●障がい区分
競技種目は、選手が持っている身体機能によって出場する種目がきまることで「自身では種目を選べない」、事前の健康診断、クラス分け検査により各競技種目が割りふられる。

【PR1】
下肢障がい(腕と肩のみで両手でオールをこぎ、自足歩行が無理な車いす選手が対象。艇のシートは固定:選手は背もたれ付きシートに座り、ベルトで胸部を押える。
胸部ベルトはワンタッチで取り外すことが必要。
安全のため、艇の両サイドにフロート(浮き)が付き安全を保っている。

【PR2】
下肢障がい(胴体と腕を使って両名が両手でオールをこぐ、足切断等の選手が対象。)
艇のシートは固定ではあるが、PR1シート部分の背もたれがない。

【PR3】
上下肢、視覚(全盲含む)、脳性等(聴覚、内臓疾患等を除く選手が対象。)+舵手(男女、健常・障がいの区別なし)選手全員の協力で、スピードやタイミングを舵手の号令でこぎ手(クルー)がタイミングを合わせ艇を進める。

●国際大会
パラリンピックを頂点に、世界選手権、ワールドカップ、EU選手権、アジア選手権等多くの国際ボート大会が開かれている。
国際ボート連盟では、パラリンピック競技以外での大会では知的(ID)種目での「PR3 ID 混合舵手付きフォア」での種目開催もある。