公益社団法人日本ボート協会(JARA)は、「2020東京パラリンピック」開催を目の前にして、特定非営利活動法人日本パラローイング協会(JPRA)を平成30年7月1日付で事業統合。合併に伴い日本ボート協会では、新しく「パラローイング本部」を新設、全国47都道府県ボート協会との連携で、全国からの障がい者ボート競技選手の新規発掘による競技人口の増大、選手育成と更なる選手強化に努めて行きます。